生命保険、医療保険の無料相談、保険の見直し

TOP > ライフステージで選ぶ保険 > 住まいの購入

住まいの購入

念願のマイホーム購入・・・万が一に備えて保障も増額?!
いえ、慌てないで、逆ですよ。
住宅ローンを組んだ場合、通常は団体信用生命保険(団信)に加入をします。
万が一の場合は、その保険金で住宅ローンを全額返済ができるため、マイホームは資産となり、手離す必要もあません。
住まいの購入
備えるリスクとしては
団体信用生命保険に加入していれば、万が一ご主人が死亡した際には、住宅ローンの支払いは心配要りませんが、
病気やけがが原因の長期療養による就業不能状態、また失業などで収入が途絶えてしまい、住宅ローンが払えなくなるリスクについて備えましょう。
保障内容をシフトする
住宅ローンの残債は団体信用生命保険がカバーされるので、死亡保障や医療保障の保険の見直しがおすすめです。
現在、死亡保障5,000万を契約されている場合は、2,000万円分減額することで保険料を節約することが可能です。
また、終身タイプの医療保険を選択した場合、退職時も契約は有効で、ローン返済中は保障が多くなり、定年後は終身タイプが残るから安心です。 オプションで、がん保険の検討もベターな手段です。
具体的な商品選びは、中立な立場の保険コンサルタントに相談してみましょう。

保険ランドリーでは、あくまでも公正中立な立場で、
無駄・無理のない保険設計のご提案を致します。


保険ランドリーと提携している保険コンサルタントはいずれも経験豊富なベテラン揃い。
お客様のライフスタイル、人生設計にあわせた保険設計のご提案が可能です。
入力が面倒な方は、電話でのお申込みも受け付けております。