生命保険、医療保険の無料相談、保険の見直し

TOP > がん保険

がん保険

がん保険とは
がん保険とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うものです。

癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多く保険業法上は第三分野保険に分類されます。 脳卒中や心筋梗塞を対象とした保険とともに特定疾病保険と呼ばれることもあります。
がん保険お勧めのポイント
がんの治療法には、「手術」「化学療法」「放射線療法」があります。
また、最近注目されている「先進医療」という一般の医療水準を超える最新の医療もあります。

昔は、「不治の病」と恐れられた「がん」も、昨今の医療技術の進歩によって絶対的に治らないものではなくなりつつあります。 ただ、「がん」は入院が長引くことに加えて、入退院を繰り返すケース、治療後に再発することが多くなり、結果的に入院日数が合わせると、どの病気よりも長期化してしまう可能性が高いとされます。

がん保険を検討する際、「がん」治療の多様化により、保障内容をしっかりチェックすることが大きなポイントになります。
がん保険の歴史
日本におけるがん保険は、アメリカ合衆国のアメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)が、1974年11月に発売したのが初めてとされます。

がん保険などの第三分野の保険を日本国内の生命保険会社や損害保険会社が取り扱う事は、米国との合意に基づいて事実上禁止されており、この分野は外資系保険会社が永く独占してきました。
規制の恩恵を受けることにより、アフラックのがん保険における販売シェアは85%以上(1999年)にも達していました。
1996年の日米保険協議では、第三分野保険における外資の独占政策を2000年末まで延長することが合意され、2001年、自由化の期限を迎えたものの、同年1月に同分野参入が解禁されたのは 大手生命保険会社と損害保険会社の子会社生保のみであり、大手損保の市場参入についてはアメリカ合衆国の要求により半年遅れの同7月からとなりました。

現在は、多数の外資系・国内系の保険会社が多様ながん保険を販売しています。

保険ランドリーでは、あくまでも公正中立な立場で、
無駄・無理のない保険設計のご提案を致します。


保険ランドリーと提携している保険コンサルタントはいずれも経験豊富なベテラン揃い。
お客様のライフスタイル、人生設計にあわせた保険設計のご提案が可能です。
入力が面倒な方は、電話でのお申込みも受け付けております。