生命保険、医療保険の無料相談、保険の見直し

TOP > ライフステージで選ぶ保険

ライフステージで選ぶ保険

ライフステージごとに保険設計の考え方は大きく異なります。
まずはあなたのライフステージにあった保険の考え方をもとに保険を選ぶことが重要になります。
社会人デビューされた方
新社会人によく見られるのが、保険の外交員の方に「社会人なら保険の1つくらい加入するのが当然!」とすすめられ、訳も分からず加入してしまうケースではないでしょうか。 そんな場合はたいていすすめられるのは死亡保障がメインの保険のようです。 中にはすすめられるがままに、大きな死亡保障が付いている死亡保険に加入してしまう新社会人も少なくありません。
ポイント
結婚をして家族が増えた時も想定して「死亡保障」を確保。
自分のための治療を目的とした保険
年金・貯蓄保険等、将来のためにスタート。
ご結婚された方
ご結婚されて家庭を持つということは、経済的に守るべき家族ができたということです。 家計を支えている世帯主が、病気やけがや万が一の時に、家族を守ることのできるしっかりとした保障にしておくことが重要です。 結婚を機に今後のお二人のライフプラン(人生設計)を考え、保険をしっかり見直しましょう。
ポイント
長期的なライフプランで世帯主の死亡保障・医療保障を確保
付き合いや義理加入した保険は見直しましょう
子供が生まれた方
子供が生まれると世帯主が死亡したとき、残された家族の受ける経済的なリスクはより深刻なものとなります。 子供が大きくなるにつれ食費をはじめ生活全般にかかわる費用も増え、さらに子供の学費も必要となります。 また子供が生まれたら「こども保険」と考えがちですが、「こども保険」という特別な保険があるわけではなく、養老保険の一種をアレンジしている場合がほとんどになります。 子供のことを想うなら、まずは親の死亡保障をしっかりとすることが基本です。
ポイント
子供を想うなら世帯主の死亡保障が最優先
混乱しやすい「こども保険」には注意
住宅ローンを組まれた方
一般的に金融機関から住宅ローンを組んだ場合、多くは「団体信用生命保険」もあわせて加入しています。 そして万が一の時には、住宅ローンの残額は「団体信用生命保険」から銀行に支払われ、以後の ローン返済はなくご遺族は住居が確保されるのです。つまり生命保険が世帯主に万一のことがあった場合、 以後の住宅費用も考えた設計になっているなら、保険を節約できることになるのです。
ポイント
住宅ローンを組むと一般的に「団体信用生命保険」にも加入
万が一の住宅費について保険の見直しに最適な時期
ご退職された方
定年退職後は退職金や年金で生活することになり、生活環境が大きく変化します。 もし定年前に入っていた保険が「定期保険特約付終身保険」であったなら、注意が必要です。 60歳もしくは65歳の満期にともなって、数千万の死亡保障が終身部分の数百万円だけになってしまったり、医療保障などの特約もなくなってしまう場合があります。 また健康状態によっては、新たに保険に入れないこともありますので、安易に解約することは避け、新しい保険に加入してから解約しましょう。
ポイント
「定期保険特約付終身保険」は注意!
乗り換えは、新しい保険に加入してから解約

保険ランドリーでは、あくまでも公正中立な立場で、
無駄・無理のない保険設計のご提案を致します。


保険ランドリーと提携している保険コンサルタントはいずれも経験豊富なベテラン揃い。
お客様のライフスタイル、人生設計にあわせた保険設計のご提案が可能です。
入力が面倒な方は、電話でのお申込みも受け付けております。