生命保険、医療保険の無料相談、保険の見直し

TOP > 個人年金

個人年金

個人年金保険とは
積立保険とは、貯蓄性を重視したタイプの保険の総称で、個人年金保険が代表的です。
夫婦2人の老後に必要と考える「ゆとりある老後生活費」は毎月36.6万円
(生命保険文化センター「生活保障に関する調査/平成22年度」)。

それに対して、高齢者世帯1世帯あたりの平均所得金額は毎月25.7万円、年額にすると、130.8万円も不足していることになります。 (出典:厚生労働省「平成22年度 国民生活基礎調査」年次別の所得の状況より)

さらに、多くの企業の「定年退職年齢」が60歳のなか、公的年金支給開始年齢は65歳に引き上げられ、将来の生活への大きな影響が考えられます。
未来の自分の為に個人年金保険の検討を今から始めてみませんか?
個人年金保険お勧めのポイント
個人年金保険は、ライフプランにあわせて、確定年金・保障期間付終身年金・終身年金の3種類から選択することができます。
積立て感覚で手軽に始められ、また、年金としてではなく、一時金として受取ることもできます(一時金の場合、年金として受取る場合より少ない金額になります)。
個人年金保険に税制適格特約を付加されると、一般の生命保険料控除とは別枠で、所得税年間最高5万円、住民税年間3.5万円の個人年金保険料控除が受けられます。
(※平成22年12月現在の税制による。5年確定年金については対象とはなりません)

保険ランドリーでは、あくまでも公正中立な立場で、
無駄・無理のない保険設計のご提案を致します。


保険ランドリーと提携している保険コンサルタントはいずれも経験豊富なベテラン揃い。
お客様のライフスタイル、人生設計にあわせた保険設計のご提案が可能です。
入力が面倒な方は、電話でのお申込みも受け付けております。